【企画6日目】ジャンル選びの考え方と思考について

どうも、ペンギンです。

さて本日ですが、昨日はジャンルについての話をしましたよね。

ただまだジャンルを決めれない・決め方がイマイチ分からない...という方も多いでしょう。

そんな方に向けて、ジャンル探しのコツと僕の思考をまとめてみます。

ジャンル探しのコツ

結論、ジャンル探しは下記の3ステップを元に決めてみましょう。

①:各ジャンルの検索結果を眺める
②:最低3つのブログを観察する
③:なんとなく書けそうな場所を探す

ジャンル決めってむずかしい印象がありますよね。
でも、硬くなる必要はありません。

上記の3ステップの内容を紹介します。

①:各ジャンルの検索結果を眺める

まずは、毛嫌いせずに思いつくアダルトジャンルを検索します。

たとえば、下記のような領域です。

動画サイト
AVレビュー
アダルトグッズ
出会い系サイト
彼氏彼女のノウハウ

簡単にそれぞれの内容をまとめます。

動画サイト
→一般的にエログと呼ばれる、動画まとめサイト。

AVレビュー
→AVのレビューサイト

アダルトグッズ
→アダルトグッズのレビューサイト

出会い系サイト
→出会い系サイト・アプリの紹介

彼氏彼女のノウハウ
→ノウハウをまとめたサイト

上記の領域を、まずは検索して眺めてみましょう。

ここで大切なのは「毛嫌いしないこと」です。

自分は出会い系サイトとか使ったことないから...という理由で検索もせずに候補から外してはいけません。

実際にサイト群を見ることで思わぬ発見や想起につながるため、ジャンルがうまく決まらない人は「検索行動」から始めて、観察を行いましょう。

②:最低3つのブログを観察する

実際に、上位表示されているブログも観察します。

ここでは、下記3点に注目することがおすすめです。

・記事数
・文字数
・サイトの作り

たとえば上位陣がみんな300記事ほどを所有している場合、そのレベルで書かないと上位表示はむずかしいことが分かります。

※厳密には記事数だけでは判断できませんが、サクッとブログの規模感は理解できるはずです。

また出来るなら、上記の3点をノートなどにメモしてみましょう。

ジャンルごとに各項目の数字を見比べることで、比較的取り組みやすい場所が見えてきます。

※なお検索する際は「アダルトグッズ おすすめ」などのビックキーワードもそうですが、「アダルトグッズ 初めて」のようなスモールキーワードも検索して観察しておきましょう。

ビックはどのジャンルでも競合性は高いので、その点だけしか見ないのは情報不足と言えます。

③「なんとなく」書けそうな場所を探す

最後に「ここ書けそうだな」と直感で感じる場所を探しましょう。

最初のジャンルは、直感で思いついた場所でOKです。
これは適当に言ってるわけではありません。

下手に考え込んで手が動かないより、「行動しつつ考えるムーブ」を取る方が結果的に成果に結びつくことは多く、いまぼんやりと候補があるならその領域に飛び込みましょう。

不安を抱える必要はありません。

「なんとなく」で始めてもいい理由

繰り返しですが、まず始めてみることが重要だからです。

初心者にありがちな失敗は「完ぺき」を求め、思うように進まず辞めてしまう点にあります。

僕が思うに、大切なのはその領域の「相場感」を掴むことであり、どういう記事が受け、どんなブログが高評価されているか知ることです。

そのためには実際にブログを運営する必要があるため、さっさと特定のジャンルに飛び込むのが何よりの解決策になります。

これは適当に言ってるわけではありません。
少し精神論にはなっていますが、これが本音であり事実です。

完ぺきは求めない

大切なので繰り返します。
完ぺきを求めてはいけません。

それよりも実際に手を動かすことが何より重要です。

Facebookの創業者であるマーク・ザッカーバーグ

完璧であることより、
まず終わらせることが重要だ

と語っておりますが、これが本質論でしょう。

実際に取り組むことで見えてくる点は多く、ノウハウが溜まった段階でまた別ブログを作って運用していくことが成功への秘訣だと感じています。

ブログは作ってなんぼ

実はブログで稼ぐ多くの方は、複数ブログを所有しています。

僕もなんだかんだ、ブログを20個以上作ってきました。

理由はシンプルで、

実際に取り組む→徐々に相場感が分かる→ノウハウが貯まる→新ブログで活かす→数字が伸びる→以下繰り返し

というサイクルが回るためです。

なお別ブログを作る理由は「管理のしやすさ」や「別ジャンルに進出する」という点があり、僕は上記のスタイルで収入が伸びてきました。

ですので、初期のジャンル選びは「なんとなく」でも問題ないのです。

実際に手を動かして、着実に前進していきましょう。

補足:競合リサーチではここを見よう

競合リサーチをする際のポイントもまとめます。

見るべきポイント

・記事の品質
・ドメインの強さ

基本的には上記2点です。

記事の品質は、

文字数
画像の豊富さ
監修者の有無

この辺りがありまして、特に監修者のいるブログはかなり資金を使っていますので、できたら競合したくない存在です。

またドメインの強さに関しては「ドメインパワー」「DA」といったスコアを見てみましょう。

それぞれ「パワーランクチェックツール」「Moz」というツールで調査が可能です。

Mozに関してはChromeの拡張機能もありますので、検索結果を眺めると同時に表示ブログのDAを見ることもできるので導入をおすすめします。

»パワーランクチェックツール

»Moz

»Mozの拡張機能

まとめ

ということで本日は「ジャンル選びの考え方」について説明しました。

少し抽象的な話も多かったですが、僕が重要だと考えている点です。

もちろん分からない点や迷う点はあると思うので、その際はまたLINEで質問してください!

それでは、今日は以上です!