1つ3500円のベイクドチーズケーキから学ぶマーケティング戦略

【2日目】1つ3500円のベイクドチーズケーキから学ぶマーケティング戦略

どうも。ペンギンです。

 

1つ3500円のベイクドチーズケーキから

マーケティング戦略を学んできました。

 

昨日もお話しましたが戦略思考を身につけることで、

ブログ収益は何倍にも上がります。

 

今日はそんな戦略について

1つ3500円のベイクドチーズケーキから学んでいこうと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そのベイクドチーズケーキは、

実はレシピが公開されています。

 

どういう卵の配分で、
どういうチーズを使って、
どこのバターを使用しているか。

 

そこまで明確にレシピとして提示されています。

 

レシピとして提示しているので、

それが集客装置にもなっているわけです。

 

すると例えば、

レシピを見て誰かがこのチーズケーキを作ったとします。

 

そしたら『ベイクドチーズケーキができた!』

とInstagramやTwitterに投稿するはずです。

 

もちろん友達に振る舞ったりすれば、

あまりにも美味しいベイクドチーズケーキが出るので『このレシピどうやって知ったの?』という話になります。

 

そしたら『〇〇のケーキ屋さんだよ!』となり、

その口コミからそのケーキ屋さんにアクセスされます。

 

そしてケーキが購入される。

 

じゃあそのレシピってライバルから盗まれないの?

って思うかもしれません。

 

ここは専門的な話ですが、

そのケーキ屋さんはチーズケーキの専門店なので材料を仕入れるときに『スケールメリット』というのが使えます。

 

簡単に言えば、

大量に仕入れるならその分安くするよってことです。

 

鉛筆も1ダースで買えば安くなるのと同じで

一気に仕入れたら輸送のコストが下がるのでそれだけ安く仕入れられるのです。

 

そのケーキ屋さんはチーズケーキしか扱ってないので、

月に入荷する材料を予測でき、大きいスケールメリットを得られるのです。

 

だから材料を安く仕入れられるので、

そのぶんチーズケーキの外箱だったり研究材料に繋げていけるんですね。

 

ーーー

 

ここまでは店舗戦略の話。

面白いのはここからです。

 

ーーー

 

そもそもチーズケーキの値段は

3500円と高く、ちょっとした高級品です

 

そんなベイクドチーズケーキが

飛ぶように売れているのは、

ブランディングを徹底しているからです。

 

商品のクオリティもそうですが、

メディアに取り上げられた実績やホテルや旅館のデザートとして使われてる

といった実績をフルに活用しています。

 

特に、

ホテルや旅館で使われてるというブランドは、

それだけでプレミア感が出ますよね。

 

だから某有名ホテルでもこのベイクドチーズケーキを取り扱っていたりして、

お客さんの頭のなかでは有名ホテルとベイクドチーズケーキが頭のなかで結び付くのです。

 

これが『権威を借りる』という方法です。

 

例えば、僕らの話で言うと

「10年使った〇〇をレビュー」とか「ブログ歴5年の僕が紹介」という実績は別になくてもいいのです。

 

『アプリで彼女を作った友達に聞いてみた』的な記事タイトルでも

十分にブランディングできます。

 

つまりそのケーキ屋さんも

権威のあるテレビやホテルの力を借りているわけです。

 

そのため、

権威を得ることができるものがあればどんどんトライするべきなんです。

 

また、そういった知人がいない人は、

学んだことをアピールするのもアリです。

 

例えば、『DA◯GOから学んだ!好きな人を虜にする心理学』というタイトルなら

心理学を学ぶ必要はありますが「DA◯GO」さんの権威を借りることができます。

 

このように、

権威を借りる方法でもブランドが付くので、

アクセス数も上がりますし、説得力が上がり商品の購入率(ダウンロード率)も上がります。

 

こうやってどんどん箔を付けていくのが、

ブランディングのやり方です。

 

自分の記事に金箔をペタペタ貼りつけていく感覚ですね。

 

もちろん、記事の中身とあまりにもかけ離れていたら満足度は下がってしまいますが、

いい記事を書き、ブランディングができるようになると、アダルトアフィリエイトはより簡単になります。

 

そんな感じで、

ベイクドチーズケーキから

ブランディングの戦略を学べたので共有しました。

 

それではまた明日!

 

P.S.

 

ビジネスの視点が身に付くと、生活してるだけで成長していきます。

 

今回はベイクドチーズケーキから学べることを話しましたが、

ほかの商品からも学びまくってます。

 

広告をジーーッと眺めてそこから戦略を抜き取ってるし

 

良い商品やお店があれば

すぐに特攻してその店を研究したりしています。

 

そしたら、良いコンテンツに出会えるし、

また自分の話のネタも増えていくのでそれを記事にも活かせるんですね。

 

今回話した要素のひとつでも取り入れれば、売上はボンと上がるはず。

 

僕は、戦略が好きなのでこういうこと話し出したら止まりませんね笑

 

また明日も戦略についてお話ししようと思います。

 

それではまた明日!